クレジットカード現金化を疑われた時の対処法‼

クレジットカード現金化はしたいけど、クレジットカード会社に疑われたらどうしよう...。

実際に現金化のサービスを利用している人でも心配している人は大勢います。


しかし「疑われる」ということは、バレてはいないということです‼


クレジットカード現金化をしている人は世の中にたくさんいます。

自分で現金化している人もいれば、現金化業者を利用して現金化している人もいます。


カード会社に現金化したことがバレたという話を聞くことはほとんどどありません。

ということは、バレた少数の人に何か問題があったのではないでしょうか⁉


それでは、カード会社にクレジットカード現金化を疑われた時の対処法を詳しく見ていきましょう。



カード会社にクレジットカード現金化を疑われたらどうなる⁉


まずは、カード会社にクレジットカード現金化を疑われるとどうなるか見ていきましょう。


☑ クレジットカードの利用が一時的にできなくなる!


クレジットカードは、自動でロックが掛かることがあります。

このロックとは、一時的にクレジットカードの利用ができなくなっている状態のことです。


ロックが掛かる原因は、いくつかありますがカード会社の「不正検知システム」が作動して一時的にロックをかけています。

不正検知システムとは、クレジットカードの悪用や不正利用を防ぐため、24時間365日体制で監視しているシステムのことです。


この不正検知システムに引っかかってしまうと、一時的にカード利用ができなくなってしまいます。


◎不正検知システムが作動する主な理由


・高額の利用

・海外サイトでの利用

・短時間に複数回の利用

・新幹線回数券の購入

・換金率の高い商品の購入


などの理由で不正検知システムが作動し一時的にクレジットカードの利用ができなくなる場合があります。


高額の利用・海外サイトでの利用・短時間に複数回の利用の場合は、現金化を疑われているわけではなく、カードの盗難・他人の不正利用を防ぐためにクレジットカードにロックをかけて一時的に利用を止めている状態なので、カード会社に連絡して本人確認をとれば、すぐにロックを解除してもらえてカード利用ができるようになります。


新幹線回数券や換金率の高い商品の購入の場合は、カードの盗難・他人の不正利用のほかに「クレジットカード現金化」を疑われている可能性があります。


新幹線回数券は現金化する際の代表的な商品で、昔からある現金化の方法なので現金化目的でなくても購入しようとするとロックが掛かるケースが多くあります。

こちらの場合もカード会社に連絡して本人確認が取れれば、すぐにロックを解除したもらえてカード利用ができるようになりますが、新幹線回数券の購入に制限をかけられてしまう場合がありますのでご注意ください。


不正検知システムが作動する主な理由を上記にいくつかあげましたが、システムが作動したからといって特に問題があるわけではありません。

一時的にロックが掛かり、解除してもらうのが面倒なだけでクレジットカードを現金化していたとしてもカード会社に現金化がバレているわけではありません。


ロックがかかるのが嫌な方は、上記の理由に当てはまる利用をする際には、先にカード会社に電話しておけばロックが掛からなくしてもらうことができます。


☑ クレジットカード会社から連絡がくる!


不正検知システムが作動するとロックが掛かる以外にカード会社から利用状況の確認の連絡がくることがあります。


・カード利用をしようとしてロックが掛かったらすぐに電話が掛かってくる

・ロックが掛かったらすぐにメールがくる

・ロックはかからず利用はできたが後日、確認の電話が掛かってくる

・ロックはかからず後日、メールがくる

・後日、郵送で確認の連絡が封書で届く


カード会社や利用状況などによって連絡手段は異なりますが、一般的にはすぐに電話が掛かってくるケースが多いみたいです。



【対処法】クレジットカード会社からの連絡には必ず対応する‼


クレジットカード会社からの連絡には必ず対応するようにしましょう。

クレジットカード現金化をしていても、していなくても連絡がくることは誰でもあることです。


やましい気持ちがあるとカード会社からの連絡に対応したくないと思いますが、カード会社はクレジットカード現金化を疑っているわけではなく、他人の不正利用を心配して連絡してくれているだけになりますので安心してください。


◎カード会社からの連絡でよく質問されること


・クレジットカードを利用したのは本人か?

・何を購入したか?

・購入した目的は?

・カードの紛失や盗難に遭っていないか?


など特別返答に困るような質問がくることはありません。

デパートや家電量販店などで商品を購入しようとしたら一時的にロックが掛かって、カード会社から電話が掛かってくるなんてことはざらにあります。


カード会社から連絡が来たからといって不安に思う必要はありません。

対応すれば何の心配もないことです。


聞かれることはまずないですが、もし「クレジットカード現金化しましたよね?」など、現金化を疑われるような質問があった場合には、はっきりと「現金化なんてしていません」とお答えすれば済む話です。

ハッキリ言って現金化していない人からしたら、ひどく不躾な質問です。


クレジットカードのショッピング枠を現金化する際には、商品を購入して現金化するので疑われたとしても、カード会社は現金化目的で商品を購入したのか、本当に欲しくて・必要で購入したのかを判断することはできません。


自分からカード会社に「現金化した」「購入した商品は売却した」と言わない限り現金化したことを確定することはできないので、現金化を疑われた場合は「現金化なんてしていません」とはっきりと、連絡してきたカード会社の担当者に伝えましょう。



クレジットカード会社からの連絡に対応しないとどうなる⁉


クレジットカード会社からの連絡を気が付かなかった振りをして無視したりすると最悪の結果に陥ることも考えられます。


最悪の結果とは、強制退会になることです。

強制退会になるとカード利用停止とは異なり、今後一切強制退会になったクレジットカードは利用できなくなり、強制退会になったカード会社で新しいクレジットカードを発行することは不可能になります。


信用情報機関にも強制退会になったということが載ってしまうので、俗にいうブラックという扱いになってしまいます。

そうなると今後、ローンを組もうとしたときや融資を受けようとしたとき、新しくクレジットカードを申し込みしようとしたときに審査に通りづらくなってしまいます。


クレジットカード会社からの連絡に対応していればこんなことになることはありません。

やましい気持ちがあって気まずかったとしても、実際に現金化してない人でも連絡がくることはあるので、堂々と対応するようにしましょう。








ソーシャルメディア:

  • w-facebook

クレジットカード現金化とは?

​優良業者を見極める

・ホーム

・ランキング形式で優良店を見極める

 ​■ライフパートナー

 ■クレジットチェンジ

 ■キャッシュライン

一般社団法人日本クレジット協会 ホームページ リンクボタン
行政機関消費者庁ホームページリンクボタン
一般社団法人日本資金決済業協会ホームページリンクボタン
行政機関 東京都庁 東京くらしWEBホームページリンクボタン
独立行政法人国民生活センター ホームページリンクボタン
一般社団法人日本クレジットカード協会ホームページリンクボタン
一般社団法人日本経済団体連合会
行政機関金融庁ホームページリンクボタン
全国質屋組合連合会ホームページリンクボタン
一般社団法人日本広告業協会
日本百貨店協会ホームページりんくぼたんリンクボタン

copyright©2018 クレジット現金化とは?優良業者を見極める

All Right Reserved.