悪質業者の手口

最終更新: 2時間前




これだけたくさんの現金化業者があるとやはり出てくるのが「悪徳業者」。現金を調達するというお客様の要望に応じる業種上、お申込みの前には非常に不安が募るものです。




騙されないようにはどうしたらいいか注意点などを紹介しましょう。



まず一番多いのは身分証を送らないと正確な換金率(金額)を教えてくれない。電話をして換金率を聞くと簡単な説明の後、身分証をメールかFAXで送ってくださいと言われます。


とりあえず金額が知りたいだけと言うと身分証を送ってからでないと正確な金額は教えられないと返答をしてくる現金化業者が多くいます。冷やかしや情報の流出を抑えるためだと説明されますが換金率を隠す必要はありません。

なぜこういった返答になるか考えてみると個人情報が欲しいとか身分証を送った後だと換金率が合わなくても断りずらくなるだとか断られた場合でも身分証がある事で無理やり利用させようとするなど、悪い方にしか考えられません。


しかし中には最初に高換金率で話をして安心させた所で身分証を送らせ、いざクレジットカードを決済する段階になったら新規手数料や消費税などの話をしてきて金額を後々変えてきたり最悪の場合はキャンセル料まで請求してくる悪徳業者もいる。

こうなってしまうと、どうやって現金化業者を選べばいいか困ってしまいます。




では、どうしたらいいかと言いますとまず電話の対応!ここが重要になってきます。

何件も電話すると業者によって接客の対応が明らかに違います。

態度が悪いや感じが悪いはもちろん電話の後ろで大声がするなど気にしてみると引っかかる点があります。気になる点が出てきたら迷わず断る方がいいでしょう。親身になって相談に乗ってくれる現金化業者もたくさんありますので親切で丁寧な所で利用した方が利用後も安心できるでしょう。

身分証やカード番号や銀行口座を教えてしまっている場合、利用後の不正使用や個人情報の流出も心配です。

口コミサイトなどを見て利用者の声を聴き決めるのもいいと思うが自作自演で現金化業者が書いている場合もあり判断は難しいところもあります。心配事を一つでも減らせるように面倒でも直接電話したりネットで検索してみたり自分の身は自分で守ることが大切になってくるでしょう。






ソーシャルメディア:

  • w-facebook

クレジットカード現金化とは?

​優良業者を見極める

・ホーム

・ランキング形式で優良店を見極める

 ​■ライフパートナー

 ■クレジットチェンジ

 ■キャッシュライン

一般社団法人日本クレジット協会 ホームページ リンクボタン
行政機関消費者庁ホームページリンクボタン
一般社団法人日本資金決済業協会ホームページリンクボタン
行政機関 東京都庁 東京くらしWEBホームページリンクボタン
独立行政法人国民生活センター ホームページリンクボタン
一般社団法人日本クレジットカード協会ホームページリンクボタン
一般社団法人日本経済団体連合会
行政機関金融庁ホームページリンクボタン
全国質屋組合連合会ホームページリンクボタン
一般社団法人日本広告業協会
日本百貨店協会ホームページりんくぼたんリンクボタン

copyright©2018 クレジット現金化とは?優良業者を見極める

All Right Reserved.