クレジットカード現金化は違法⁉気を付けなければいけないリスクとは?

ネットやSNS、新聞や雑誌でもよく見かける「クレジットカード現金化」ですが、違法性はあるのか?リスクはあるのか?気になる方も多いのではないでしょうか。


今回はクレジットカード現金化の違法性やリスクについて詳しくご説明させて頂きます。



クレジットカード現金化とは?


クレジットカード現金化とは、クレジットカードのショッピング枠を現金に換える行為のことです。このショッピング枠とは、本来はショッピング(お買い物)やお支払いに利用する利用可能枠のことです。


お買い物やお支払いに利用するショッピング枠をどのようにして現金に換えているのでしょうか。ショッピング枠を現金に換える方法は2通りあることが分かりました。


クレジットカードの現金化を生業にしている現金化業者では「買取方式」か「キャッシュバック方式」のどちらかでショッピング枠を現金化しています。


さらに現金化業者は「店舗型」と「無店舗型のネット業者」があります。

どちらの現金化業者の場合でも面倒な審査はありません。

無店舗型のネット業者の場合は、来店する必要もありません。


ちなみに現金化業者を利用しないで、自分で現金化する際は買取方式でショッピング枠を現金化します。



買取方式でショッピング枠を現金化


簡単に流れを説明させて頂きますと


①クレジットカードで商品を購入する

②購入した商品を買取店に売る


たったこれだけの事になりす。

もう少し詳しくご説明させて頂きますと


自分で買取方式でショッピング枠を現金化


自分で買取方式で現金化する場合は、まず換金率・買取率の良い商品を探します。

インターネットで探せば簡単に現金化に向いている商品を検索できます。


実際に検索してみますと下記の商品が検索できました。


金券類・ギフト券(Amazonギフト券など)・新幹線の回数券・ブランド品・貴金属・時計・電化製品・ゲーム機関連・PC・スマートフォン


さらに上記の商品の中でも色やデザイン、ブランドや人気・不人気などによって換金率・買取率は違ってきますのでご注意ください。


商品が決まりましたら、次に高く買い取ってくれる買取店を探します。

買取店とは、大黒屋などの質屋だったりGEOや駅前などにあるチケットショップや買取専門店などになります。


買取店が決まりましたら、クレジットカードで商品を購入して買取店に売却して現金に換えます。


*商品を決める前に先に買取店を決めて、その買取店で高く買取りしてもらえる商品を購入して買取してもらう手順でも問題なく現金化できます。


自分で買取方式でショッピング枠を現金化する際は、即日は難しい⁉


換金率・買取率の良い商品が近くに売っていなかったり、インターネットで購入すると即日で現金化することは難しくなります。


商品を売却する時も同じで、高く買取りしてくれる買取店が近くになかったり郵送で売却すると即日で現金化することは難しくなります。


換金率・買取率の良い商品を調べたり、高く買取りしてくれる買取店を探すのに手間や時間がかかります。慣れていない方だと調べたり探したりと大変です。


急に現金が必要になった時や出先で現金が必要になった時には、自分でショッピング枠を現金化する方法は不向きになりますのでご注意ください。


現金化業者で買取方式でショッピング枠を現金化


現金化業者で買取方式で現金化する場合は、現金化業者によって少し変わってきます。

現金化業者には、店舗型と無店舗型のネット業者がありますがどちらの現金化業者も以下の4つのケースに分かれます。


①現金化業者が商品の販売をしている

②現金化業者が商品を買取りしている

③現金化業者が商品の販売も買取もしている

④現金化業者が商品の販売も買取もしていない


どのケースでも面倒な審査はなくクレジットカードで商品を購入して、購入した商品を売却して現金化することには違いはありません。


販売店や商品、買取店などは現金化業者から指定されますので、自分で探す手間や時間はかかりませんのでご安心ください。


店舗型の現金化業者を利用する場合は、自分で現金化する時と同じで店舗に来店しなければいけないので近くに現金化業者がない場合は、即日で現金化することは難しくなります。


その点、無店舗型のネット現金化業者でしたら、来店する必要がないので自宅に居ながらでも出先からでも電話やメールでクレジットカードのショッピング枠を現金化してもらて、「即日」で銀行口座に振込入金してもらえます。



キャッシュバック方式でショッピング枠を現金化


キャッシュバック方式での現金化では、自分で現金化することはできないので現金化業者に現金化してもらいます。


同じように簡単に流れを説明させて頂きますと


①キャッシュバック付き商品(特典付き商品)をクレジットカードで購入する

②商品購入後にキャッシュバックされる


たったこれだけの事になりす。

もう少し詳しくご説明させて頂きますと


現金化業者でキャッシュバック方式でショッピング枠を現金化


現金化業者でキャッシュバック方式で現金化する場合は、現金化業者から指定された商品をクレジットカードで購入するとキャッシュバックされて銀行口座に振込入金されます。


これだけ聞くと買取方式より簡単に感じますが、買取方式との1番の違いは

「商品が郵送で送られてくる」という違いです。


商品は必ず受け取りしなければいけません。受け取らないとクレジットカードを現金化目的で利用したことになってしまいます。


クレジットカードのカード規約には現金化目的での利用は禁止されています。

最悪の場合、クレジットカードの利用が停止になりますので必ず商品は受け取りましょう。


家族に内緒でクレジットカード現金化している場合、家族に現金化した事を疑われたりばれてしまう心配がありますのでご注意ください。


購入する商品は一般的に価値のない商品になります。

例えば、おもちゃの指輪やパワーストーン、DVDやUSBだったりします。DVDやUSBには素材や地図などのデータが入っています。


キャッシュバック方式の現金化業者も買取式と同じで、面倒な審査も来店する必要もなく即日で現金化してもらえて銀行口座に振込入金してもらえます。



クレジットカード現金化は違法⁉


以上のことから、クレジットカード現金化は「違法ではない」と言えます。


例えば、クレジットカードで商品を購入したけど購入した商品が必要なくなったから売却した場合に違法になるかといえば、もちろん違法ではありません。


さらに言えば、初めから現金化するつもりでクレジットカードで商品を購入して売却して現金にしたからといって違法になるかといえば、もちろん違法ではありません。


違法ではないからっといって何も問題ないわけではありません。


現金が必要になった時の為にクレジットカードにはお金を借りることができる「キャッシング枠」があります。クレジットカード現金化は、クレジットカード会社の規約に違反する行為になります。


もしも違反行為が発覚した場合、利用停止や解約させられてしまうことがありますし、利用している分のお金を一括返済で返済をもとめられることもあります。


さらに悪質な業者に引っかかってしまったり犯罪や詐欺に遭う可能性もあります。個人情報やクレジットカード情報が漏洩してしまう恐れもあります。


クレジットカード現金化は違法ではないですが、後々困ってしまう事態にならないように現金化する際にはリスクを十分に理解して、無理なく支払いができる範囲で計画的に現金化しましょう。


クレジットカード現金化優良店


十分にクレジットカード現金化のリスクを理解できたと思いますが、たくさんある現金化業者の中から悪質・悪徳な現金化業者に引っかからないように優良現金化業者を見極めるのは大変です。


当サイトでは、実際に現金化業者を利用して現金化した人達のリアルな口コミや体験談から優良現金化業者を見極めました。


おすすめの優良現金化業者を紹介しますので是非ご参考までにご覧頂ければと思います。



















ソーシャルメディア:

  • w-facebook

クレジットカード現金化とは?

​優良業者を見極める

・ホーム

・ランキング形式で優良店を見極める

 ​■ライフパートナー

 ■クレジットチェンジ

 ■キャッシュライン

一般社団法人日本クレジット協会 ホームページ リンクボタン
行政機関消費者庁ホームページリンクボタン
一般社団法人日本資金決済業協会ホームページリンクボタン
行政機関 東京都庁 東京くらしWEBホームページリンクボタン
独立行政法人国民生活センター ホームページリンクボタン
一般社団法人日本クレジットカード協会ホームページリンクボタン
一般社団法人日本経済団体連合会
行政機関金融庁ホームページリンクボタン
全国質屋組合連合会ホームページリンクボタン
一般社団法人日本広告業協会
日本百貨店協会ホームページりんくぼたんリンクボタン

copyright©2018 クレジット現金化とは?優良業者を見極める

All Right Reserved.