クレジットカード現金化にかかる手数料

急に現金が必要になった際には、金策の一つの手段としてクレジットカード現金化が人気です。お給料日までの繋ぎや、事業資金や運転資金の資金調達にも利用できます。


「クレジットカード現金化」は、聞いたことはあるけど詳しくは知らないという人も多いかと思います。


借入が多くて新しく融資が受けられない方でも、キャッシングを利用限度額の上限まで使ってしまっている方でも、クレジットカードのショッピング枠がも残っていればショッピング枠が残っている範囲内にはなりますが、即日で現金を調達することができます。


自分で現金化することもできますが、手間と時間が掛かってしまうので「現金化業者」を利用した方が自分で現金化するより、楽に効率よくお得に現金化できます。


来店する必要もなくインターネットや電話で、自宅に居ながらでも、出先からでも簡単に申し込みすることができます。


面倒な審査がないので、お申し込みをしてから最短10分程度で現金を銀行口座に振り込み入金してくれます。銀行のシステムが新しく便利になり、ほとんどの銀行が15時過ぎでも土日祝日でも当日扱いで振込できるようになっています。


ただ、もちろん現金化業者でクレジットカードのショッピング枠を現金化してもらう場合には、「手数料」がかかります。


今回は、このクレジットカード現金化をする際にかかる「手数料」について詳しく説明させて頂きます。



クレジットカード現金化にかかる手数料の種類


現金化業者でクレジットカードを現金化してもらう際には、手数料がかかります。


クレジットカードのショッピング枠の中から10万円現金化してもらった場合、手元に10万円がまるまる入るわけではありません。


10万円から手数料が引かれた金額が、銀行口座に振り込まれます。


クレジットカード現金化にかかる手数料は、いくつか種類がありますので詳しく1つづつ見ていきましょう。


消費税


クレジットカードを現金化する方法はいくつかありますが、どの方法でもクレジットカードで商品を購入して現金化します。


購入する商品は、高く売却することができる買取率の良い商品、またはキャッシュバック付きの商品のどちらかになります。


商品を購入するので、10%の消費税が必ずかかります。

10万円の商品を購入する場合は、消費税がかかり決済金額は11万円(税込)になります。


例)クレジットカードのショッピング枠の利用可能額が10万円残っていて、それをすべて現金化する場合には消費税込みで10万円以内で商品を購入しなければいけません。


9万円(税別)の商品を購入すれば、決済金額は9万9千円(税込)になり10万円以内でおさめることができます。


現金化業者に購入した商品を買取してもらう場合や、キャッシュバックをして貰う場合、どちらの場合でも消費税分は換金率に入っていない現金化業者が多いです。


例)現金化業者の換金率が90%だとすると、クレジットカードで11万円決済すれば9万9千円振り込まれると思いますが、実際は決済額の11万円のなかには消費税が入っているので、11万円から消費税を引いた商品の定価10万円からの90%で、9万円が振り込まれます。


言い換えると、商品10万円に対してクレジットカードの決済額は消費税込みで11万円になり、振り込まれる金額は9万円になります。


現金化業者のホームページに記載されている換金率は、消費税は含まれていないパーセンテージになりますので注意しましょう。


決済手数料


クレジットカードを決済すると決済手数料がかかります。

商品を販売している小売店は、クレジットカードを決済できるようにする為に、カード会社や決済代行会社と加盟店契約をしています。


加盟店は、消費者がクレジットカードで決済した場合に決済手数料を決済金額に対して一定の割合で、加盟店契約をしているカード会社や決済会社にお支払します。


この決済手数料がクレジットカード現金化する際には、換金率に上乗せされている場合があります。現金化業者によって違いますので実際に現金化する際には、利用する前に現金化業者にご確認下さい。


振込手数料


クレジットカードの現金化業者は、インターネット型と店舗型があります。

店舗型でしたら来店して現金化するので、現金化した現金は手渡しになるので振込手数料はかかりません。

インターネット型の場合では、現金化した現金を銀行口座に振り込みで入金するので、振込手数料がかかります。


振込手数料は、現金化業者によって無料の業者もいれば有料の業者もいます。

有料であったとしても振込手数料は数百円ですが、無料に越したことはないので利用する前に現金化業者に確認してください。


送料


キャッシュバック方式の現金化では、クレジットカードで購入した商品が自宅に郵送で送られてきます。キャッシュバック(現金)はあくまでもおまけで、購入した商品がメインになりますので必ず商品を受け取る必要があります。


買取方式の現金化の場合では、現金化業者によって商品の取り扱い方が違うので利用する現金化業者に確認する必要があります。


送料も振込手数料と同じで、現金化業者によって無料の業者もいれば有料の業者もいます。

無料に越したことはないので、利用する前に現金化業者に確認しましょう。




クレジットカード現金化の手数料が、無料・安い優良店


現金化業者によって手数料は違います。換金率の中に手数料が含まれている業者もあれば、換金率に含まれていなく手数料を別途請求する業者もいます。


別途請求する業者のなかでも、手数料が高いところから安いところまで業者によって異なります。


現金化業者はたくさんありますので、現金化業者を選ぶ際に全部の現金化業者の手数料を自分で調べて優良店を探すのは、大変骨が折れる作業になります。


当サイトでは、クレジットカード現金化の口コミや体験談から手数料が無料、または安い優良現金化業者を厳選してご紹介しています。


現金化業者を選ぶ際には、是非ご参考までにご覧ください。

















ソーシャルメディア:

  • w-facebook

クレジットカード現金化とは?

​優良業者を見極める

・ホーム

・ランキング形式で優良店を見極める

 ​■ライフパートナー

 ■クレジットチェンジ

 ■キャッシュライン

一般社団法人日本クレジット協会 ホームページ リンクボタン
行政機関消費者庁ホームページリンクボタン
一般社団法人日本資金決済業協会ホームページリンクボタン
行政機関 東京都庁 東京くらしWEBホームページリンクボタン
独立行政法人国民生活センター ホームページリンクボタン
一般社団法人日本クレジットカード協会ホームページリンクボタン
一般社団法人日本経済団体連合会
行政機関金融庁ホームページリンクボタン
全国質屋組合連合会ホームページリンクボタン
一般社団法人日本広告業協会
日本百貨店協会ホームページりんくぼたんリンクボタン

copyright©2018 クレジット現金化とは?優良業者を見極める

All Right Reserved.