クレジットカードのショッピング枠を現金化するメリット



クレジットカードのショッピング枠を現金化するメリットとは?


銀行からの融資やファクタリング、消費者金融やカードローンなど様々な方法で資金調達をすることができますが、なぜクレジットカードのショッピング枠を現金化して資金調達をする人が後を絶たないのでしょうか?


それには、クレジットカード現金化に多くのメリットがあるためだと考えられます。

どんなメリットがあるのか、詳しく見ていきましょう。



クレジットカードのショッピング枠の現金化とは?


インターメットや新聞、雑誌の広告、電柱やフェンスに付いている看板で「カードでお金」「クレジットカード現金化」という言葉を見かけたことがあると思いますが、実際に利用したことがある人でないと、詳しいことまでは分からないという人が多いです。


クレジットカードのショッピング枠を現金化することを「カードでお金」「クレジットカード現金化」「ショッピング枠現金化」などと呼びます。


クレジットカードは、お買い物やお支払いに利用できる他にキャッシングをしてお金を借りることができる、便利なカードになります。


ただし、いくらでも使える訳ではなくクレジットカードは契約者ごとに利用限度額が決まっていて、利用可能な限度額の範囲内で使用することになります。


利用限度額は、お買い物やお支払いに利用できる「ショッピング枠」とお金を借りることができる「キャッシング枠」にそれぞれ別に決まっています。


一般的にキャッシング枠はショッピング枠に比べ、利用限度額は低めに設定してあります。

キャッシング枠での借入は、総量規制の対象になっているので消費者金融やカードローンなどの借入と合わせて、年収の3分の1までしか借りることができません。


ショッピング枠は総量規制の対象には入らず、キャッシング枠より利用限度額が高めに設定してあります。


このショッピング枠を利用して現金を調達する方法を、クレジットカードのショッピング枠現金化と言います。



クレジットカードのショッピング枠の現金化の方法


ショッピング枠は、お買い物やお支払いに利用できる枠になりますのでまずは、クレジットカードで商品を購入します。


購入する商品は、「買取方式」「キャッシュバック方式」と呼ばれている現金化の方法によって異なります。


買取方式での現金化では、クレジットカードで買取率の良い商品を購入して、その購入した商品を質屋などの買取店に売却して現金に換えます。


キャッシュバック方式での現金化では、クレジットカードでキャッシュバック機能付きの商品を購入して、キャッシュバックしてもらい現金に換えます。


このように現金化の方法によって、「買取率の良い商品」か「キャッシュバック機能付きの商品」をクレジットカードで購入します。


現金化業者を利用せずに自分でクレジットカードのショッピング枠を現金化する際は、買取方式の現金化になります。




クレジットカードのショッピング枠を現金化するメリット


クレジットカードのショッピング枠の現金化には、多くのメリットがあります。クレジットカードのショッピング枠の現金化の仕組みが分かってきたところで、次はどのようなメリットがあるのか詳しく見ていきましょう。


クレジットカード現金化は、来店不要!


クレジットカードのショッピング枠を現金化してくれる現金化業者を利用すれば簡単に即日で現金化することができます。


現金化業者には、電話やメール、LINEなどで申し込みすることができます。自宅に居ながらでも出先からでもスマートフォン1台あればどこからでも申し込みできるので、来店する必要がありません。


現金化した現金は、全国どこでも銀行口座に振り込み入金してくれます。


以前は平日の15時までしか当日扱いの振り込みができませんでしたが、2018年10月9日から銀行に新しいシステム(モアタイムシステム)が導入されて、土日祝日でも平日15時過ぎでも当日扱いで銀行間での振り込みが、ほとんどの銀行でできるようになりました。


ですので、現金化業者の営業時間内でしたら何時でも即日で振込入金してもらえます。

来店しなくていいのは、急な入用の際にはとても便利ですね。


クレジットカード現金化は、面倒な審査がない!


クレジットカードのショッピング枠の現金化は、クレジットカードを持っていてショッピング枠さえ残っていれば誰でも利用できるので審査はありません。


銀行や消費者金融、カードローンなどで融資を受ける際には必ず審査があります。過去に遅延や延滞があったり、債務整理や自己破産などの事故があったり、休職中の場合やアルバイトやパートで収入が少ない方や、すでに年収の3分の1まで借り入れがある方は審査に通りづらくなります。


そういった方には、面倒な審査がないクレジットカードのショッピング枠の現金化は、たいへん便利な資金調達法になります。


クレジットカード現金化は、すぐできる!


クレジットカードのショッピング枠の現金化は、来店不要で面倒な審査もないので短時間で現金を手にすることができます。


初めての方だと説明を聞いたり本人確認をしたりするので、20分~30分くらい時間を見ておけば十分ですし、リピーターの方なら5分~10分くらいで銀行口座に振り込み入金してもらえます。


急に飲み会や食事会に誘われたり、支払いがあったのを忘れてて取り急ぎ現金が必要になった時などでも手続きが簡単なので、お昼休みやちょっとした休憩や空き時間でも現金化してもらえるので、クレジットカード現金化はたいへん便利です。


クレジットカード現金化は、誰にも知られずにできる!


審査がある銀行や消費者金融、カードローンなどの場合、職場や家に在籍の確認の電話がきます。

職場や家に在籍の確認の電話が来ると、同僚や家族に借り入れをしていることを疑われてしまったり、バレてしまう可能性があります。


その点、クレジットカードのショッピング枠の現金化でしたら在籍の確認もないので、誰にも知られずに安全に資金調達することができます。


クレジットカード現金化は、返済方法を選べる!


クレジットカードのショッピング枠の現金化では、クレジットカードで商品を購入して現金化するので、お支払は先はカード会社なります。


カード会社へのお支払は、一括払いはもちろんリボ払いや分割払いにしてお支払することができます。


簡単に手軽に現金化できるからといって、使い過ぎてしまえば返済が大変になってしまいます。無理のない返済方法で、しっかりとした返済計画を立てれば、安心して現金化することができます。


クレジットカード現金化は、信用情報機関に記録が残らない!


クレジットカードのショッピング枠の現金化は、信用情報機関に借り入れをしたという記録が借金ではないので載りません。


信用情報機関とは、個人の信用情報を加盟するクレジット会社やローン会社から収集・管理して、加盟会社からの紹介に応じて情報共有を行なう期間です。


日本にある個人信用情報機関は下記の3つになります。


〇 全国銀行個人信用情報センター(KSC)

〇 株式会社シー・アイ・シー(CIC)

〇 株式会社日本信用情報機構(JICC)


信用情報機関では、どこの金融機関でいくら借入があるのか、契約状況や返済状況はどうなっているのか、などが分かるようになっています。


信用情報機関に支払いの延滞や遅延、多重債務、債務整理や自己破産、などの記録があると新規で借入をする際にある審査に通らなくなってしまうので、信用情報は傷つけないようにすることが大切です。


クレジットカード現金化は、総量規制の対象に入らない!


クレジットカードのショッピング枠の現金化は、ショッピング枠を利用したお買い物で借入ではないので、総量規制の対象には入りません。


総量規制とは、貸金業法で定められた制限の1つで、過度な借り入れから消費者を守るための法律です。2006年12月に公布されて段階的に施行され、2010年6月18日には総量規制を含むすべての規定が施行され、年収の3分の1を超える貸し付けが原則禁止されました。


例)年収300万円の人が貸金業者から借入できる合計額は、最大で100万円となります。


クレジットカードでも現金を借りるキャッシングは総量規制の対象となりますが、商品やサービスを購入するショッピングは総量規制の対象外になります。


クレジットカード現金化は、まとまった金額も即日現金化できる!


クレジットカードのショッピング枠現金化は、すでに持っているクレジットカードのショッピング枠の利用可能残高を現金化します。


クレジットカードのショッピング枠の残りが多い方や、複数枚のクレジットカードを持っている方なら、まとまった金額の現金を即日で手にすることができます。


ショッピング枠は、一般的にキャッシング枠と比べ利用可能枠が大きく設定されています。それでも必要な金額にショッピング枠の残高が足りない場合は、ショッピング枠を「増枠」したり「一時増枠」することもできます。


即日でクレジットカードを発行してくれるカード会社もありますので、まとまった現金が必要な場合は、持っているクレジットカードの増枠と合わせてご検討ください。


増枠や一時増枠には、カード会社の審査がありますが、今までの利用状況や支払い状況に問題が無ければ、新規のクレジットカードを発行するより審査は通りやすいです。


ショッピング枠さえあれば即日で現金化して、銀行口座に振込入金してくれるので、急にまとまった金額が必要になった時にはクレジットカード現金化は頼りになります。


クレジットカード現金化は、法人カードも利用することができ事業資金や運転資金の資金調達ができる!


クレジットカードのショッピング枠の現金化は、法人カードのショッピング枠も現金化することができます。


法人カードとは、一般的にビジネスカードとコーポレートカードのことを指します。

会社や個人事業主などの「企業・法人」に対して発行されるクレジットカードのことですが、名義は企業・法人に属する「個人」になります。つまり発行された法人カードを使用できるのはカードに記載されている個人のみになります。


会社や個人事業では、支出が先に発生して後で入金が入ってくるパターンが多く見られます。仕事を先にして1ヵ月~3ヵ月後に取引先から入金が入ってきます。


しかし、入金が入ってくるまでに社員の給料や下請け会社への支払い、材料代などを支払わなければいけません。


法人カードのショッピング枠を現金化して、入金が入ってくるまでの「つなぎ」に有効活用することができます。


法人カードなら利用明細がそのまま経費として計上できるので、多少現金化に手数料がかかったとしても大した問題ではありません。


法人カードの場合、個人のクレジットカードに比べショッピング枠が高く設定されています。現金化では、大口の利用になると換金率が優遇されるので、お得に現金を調達することができます。




クレジットカードのショッピング枠を現金化するメリットのまとめ


クレジットカードのショッピング枠現金化のメリットまとめ


・来店不要

・面倒な審査がない

・すぐにできる

・誰にも知られずにできる

・返済方法を選べる

・信用情報に載らない

・総量規制の対象に入らない

・まとまった金額もできる

・事業資金や運転資金の資金調達ができる


このようにクレジットカードのショッピング枠を現金化には、多くのメリットがあります。


ただ便利だからといって、使い過ぎてしまえばお支払が大変になってしまいます。支払いが遅れたり、できなくなってしまうと大変なことになります。


つなぎで利用するなら給料や入金が入った時点で支払いを済ませたり、まとまった入金が入るのがだいぶ先になるのが分かっているなら、リボ払いや分割払いにしてつないだり、返済計画をきちんと立てて無理のないように現金化を上手に利用しましょう。














ソーシャルメディア:

  • w-facebook

クレジットカード現金化とは?

​優良業者を見極める

・ホーム

・ランキング形式で優良店を見極める

 ​■ライフパートナー

 ■クレジットチェンジ

 ■キャッシュライン

一般社団法人日本クレジット協会 ホームページ リンクボタン
行政機関消費者庁ホームページリンクボタン
一般社団法人日本資金決済業協会ホームページリンクボタン
行政機関 東京都庁 東京くらしWEBホームページリンクボタン
独立行政法人国民生活センター ホームページリンクボタン
一般社団法人日本クレジットカード協会ホームページリンクボタン
一般社団法人日本経済団体連合会
行政機関金融庁ホームページリンクボタン
全国質屋組合連合会ホームページリンクボタン
一般社団法人日本広告業協会
日本百貨店協会ホームページりんくぼたんリンクボタン

copyright©2018 クレジット現金化とは?優良業者を見極める

All Right Reserved.