Amazonギフト券の買取率が暴落‼なぜAmazonギフト券の買取率はこんなに下がったのか⁉




現金が必要になった際の金策・資金調達の一つの手段としてAmazonギフト券を利用した現金化が人気を博しています。



高い買取率・換金率を誇っていたAmazonギフト券の買取・換金に対して、TwitterやYahoo!知恵袋、5chなどでは、Amazonギフト券の買取率・換金率が暴落しているという書き込みが急増しています。



Amazonギフト券の買取・換金に一体何が起こっているのでしょうか⁉

詳しく見ていきましょう。




Amazonギフト券とは⁉



Amazonギフト券とは、オンライン通販大手のAmazonが発行するギフト券(商品券)のことで、オンラインショッピングサイトのAmazonで買い物する際に現金と同じように利用することができます。



世界最大級のECサイトのAmazonでは、書籍・音楽・映像・ゲーム・家電・家庭用品・スポーツ・コスメ・アパレル・ベビー用品・おもちゃ・文房具・食品・飲料など数億を超える商品を取り扱いしており、それらはすべてAmazonギフト券で購入することができます。



オンラインショッピングの利用者数を見てみると、楽天やYahoo!を抑え利用者数1位は「Amazon」になります。



このことからも、多くの方が利用しているAmazonが発行しているAmazonギフト券は、需要があり人気のギフト券だということが分かります。





Amazonギフト券を売買できる場所




インターネットで、「Amazonギフト券 格安」や「Amazonギフト券 売買」などのワードで検索するとAmazonギフト券を売買しているサイトがたくさんヒットします。



Amazonギフト券などの「電子ギフト券を売買しているサイト」は、Amazonギフト券を売りたい人と買いたい人がサイトに会員登録し、個人売買する場になっています。

サイトは売り買いする場を提供し、ギフト券番号と代金の受け渡しを仲介しています。



個人売買サイトの他にも「ヤフオク!」でもAmazonギフト券を目にすることができます。



さらにAmazonギフト券などの電子ギフト券の「買取専門業者」も多数存在します。




個人売買サイトやヤフオク!などでAmazonギフト券を売る場合には、時間や日にちがかかるのを理解して利用する必要があります。



買い手が決まって初めて売り買いが成立するという特徴がありますので、売れるまで待つ必要があります。

安く売ればすぐに売れますが損をしてしまいます。しかし時間に余裕のある場合には、個人売買サイトやヤフオク!を利用した方が、買取専門業者に売るより高く売ることができるのも特徴です。




即現金が必要な場合は、Amazonギフト券や電子ギフト券の買取専門業者に売れば即日で現金化することができます。




買取業者のホームページから簡単に申し込むことができ、申し込みフォームに必要事項を入力して本人確認書類を添付して送信するだけで完了します。

混み具合にもよりますが、申し込みをしてから60分から180分で銀行口座に振込入金してくれます。



しかし買取業者によって買取率・換金率や振込までの時間がおおきく異なります。


インターネットで調べると、多くの買取専門業者が検索にヒットします。

そのためどの買取業者にAmazonギフト券を売ったらいいのか悩みます。



安心・安全にAmazonギフト券を売るために多くの買取業者を比較・厳選してランキング形式で紹介しているサイトがありますので、是非一度Amazonギフト券を売る際のご参考までにご覧ください。




【クレジットカード・金券類】現金化.com

【重要】賢いアマゾンギフト券・iTunesカード・googleplayカードの買取業者の使い方

https://www.publishandbedamned.org/smart/





Amazonギフト券の買取率・換金率の推移




絶大な人気を誇るAmazonギフト券の買取率・換金率は現在どうなっているのでしょうか⁉



個人売買サイトではAmazonギフト券は 70%~99%、ヤフオク!では 85%~96%、買取専門業者では68%~72%の買取率・換金率で売買されています。

(時期により買取率・換金率は異なります。)



少し前までは、Amazonギフト券は 85%以上で当たり前のように売ることができました。今では70%を切る日も少なくはありません。

2020年7月以降Amazonギフト券の買取率・換金率は、驚くほど下がっていることが分かります。



Amazonギフト券に一体何があったのでしょうか⁉





Amazonギフト券の買取率・換金率が暴落した原因!



Amazonギフト券の買取率・換金率が暴落したのには原因があります。


暴落した原因について詳しく見ていきましょう。




ギフト券売買サイトでAmazonギフト券の在庫が大量にある



ギフト券買取サイトを見てみるとAmazonギフト券が大量に売られていることが分かります。そのことから現在、Amazonギフト券は、欲しい人より売りたい人の方が圧倒的に多いということです。



Amazonギフト券に限らず、商品の売買金額は需要と供給によって決まります。



在庫過多になっているAmazonギフト券は、売りたければ安く売るしかく欲しい人からすれば安く購入できる状態になります。




コロナの影響でAmazonギフト券が暴落⁉



なぜ、Amazonギフト券の在庫が大量に余るような状態になったのかというと、コロナウイルスの影響だといわれています。



コロナウイルスの影響で資金繰りが上手くいかなくなったり、収入が減ってしまった人が大勢います。



現金が必要になった人が、現金を手にする為にAmazonギフト券を現金化する流れになっています。大量にAmazonギフト券が売られたことで、Amazonギフト券の在庫が大量に増えて需要を大きく上回りAmazonギフト券の買取率・換金率が暴落したと考えられます。




この状況は、まだしばらく続くと思われます。




すぐにでも現金が必要な場合は、クレジットカードのショッピング枠を現金化してくれる現金化業者も一緒に比較・検討し、自分に合った方法で損のないように資金調達するようにしましょう。



クレジットカード現金化してくれる多くの現金化業者の中から優良店をご紹介していますので、安心・安全にクレジットカード現金化したい人は、是非参考までにご覧いただきご活用いただければと思います。




2020年最新 クレジットカード現金化優良店ランキング































ソーシャルメディア:

  • w-facebook

クレジットカード現金化とは?

​優良業者を見極める

・ホーム

・ランキング形式で優良店を見極める

 ​■ライフパートナー

 ■クレジットチェンジ

 ■キャッシュライン

一般社団法人日本クレジット協会 ホームページ リンクボタン
行政機関消費者庁ホームページリンクボタン
一般社団法人日本資金決済業協会ホームページリンクボタン
行政機関 東京都庁 東京くらしWEBホームページリンクボタン
独立行政法人国民生活センター ホームページリンクボタン
一般社団法人日本クレジットカード協会ホームページリンクボタン
一般社団法人日本経済団体連合会
行政機関金融庁ホームページリンクボタン
全国質屋組合連合会ホームページリンクボタン
一般社団法人日本広告業協会
日本百貨店協会ホームページりんくぼたんリンクボタン

copyright©2018 クレジット現金化とは?優良業者を見極める

All Right Reserved.